茨城県天心記念五浦美術館
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

天心の生涯

ホーム> 天心と五浦の作家 > 天心の生涯
QRコード携帯電話でも当館の情報をご覧になれます。
左のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。

アドビリーダー
*PDFファイルをご覧になるには、アドビリーダーが必要です。お持ちでない場合は、上のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。

天心の生涯

生い立ちと修業時代
文久3年頃の横浜風景(部分)(『イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ』より)
文久3年頃の横浜風景(部分)
(『イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ』より)



 岡倉天心、本名岡倉覚三(かくぞう)は江戸幕末の文久2年(1863)、元越前福井藩士で生糸の輸出を生業とする石川屋、岡倉勘右衛門(かんえもん)の次男として横浜に生まれました。文明開化という時代、海外との交流が盛んであった開港地横浜で、天心はジェイムズ・バラの塾等で英語を学ぶなど、後年の国際的な活躍の素地が磨かれていきました。
 天心は、日本美術に傾倒したフェノロサの通訳として、行動を共にするようになり古美術への関心を深めます。
このページの先頭へ
美術行政への参画と古美術の調査
東京美術学校制服姿で愛馬若草号に騎乗する校長岡倉天心(明治25年11月)
東京美術学校の校服姿で愛馬若草号に騎乗する校長岡倉天心
(明治25年11月)



 明治13年(1880)東京大学を卒業した天心は、文部省へ就職し草創期の美術行政に携わることになります。同16年(1883)頃から文部少輔九鬼隆一(くきりゅういち)に従い本格的に全国の古社寺調査を行った天心は、日本美術の優秀性を認識すると共に、伝統的日本美術を守っていこうとする眼が開かれていきます。
 同19年(1886)フェノロサとともに美術取調委員として欧米各国の美術教育情勢を視察するために出張しました。帰国後の天心は、図画取調掛委員として東京美術学校(現在の東京藝術大学)の開校準備に奔走します。開校後の同23年(1890)、わずか27歳の若さで同校二代目の校長になった天心は、近代国家にふさわしい新しい絵画の創造をめざし、横山大観、下村観山、菱田春草ら気鋭の作家を育てていきました。
このページの先頭へ
理想の実現に向けて  日本美術院の創立
創立当時の日本美術院正員 後列右端が岡倉天心、4番目が菱田春草、6番目が下村観山、左端が横山大観 前列左より7番目が橋本雅邦
創立当時の日本美術院正員 
後列右端が岡倉天心、4番目が菱田春草、6番目が下村観山、左端が横山大観 前列左より7番目が橋本雅邦









 急進的な日本画改革を進めようとする天心の姿勢は、伝統絵画に固執する人々から激しい反発を受けることになります。特に学校内部の確執に端を発した、いわゆる東京美術学校騒動により、明治31年(1898)校長の職を退いた天心は、その半年後彼に付き従った橋本雅邦(がほう)をはじめとする26名の同志とともに日本美術院を創設しました。
 その院舎はアメリカ人ビゲローなどから資金援助を得て、東京上野谷中初音(やなかはつね)町に建設され、美術の研究、制作、展覧会などを行う研究機関として活動を始めました。
 横山大観、下村観山、菱田春草らの美術院の青年作家たちは、天心の理想を受け継ぎ、広く世界に目を向けながら、それまでの日本の伝統絵画に西洋画の長所を取り入れた新しい日本画の創造を目指したのです。その創立展には、大観「屈原(くつげん)」、観山「闍維(じゃい)」、春草「武蔵野(むさしの)」などの話題作が出品されました。
このページの先頭へ
東洋の美と心を世界に 国際人「KAKUZO」
The Book of Tea(茶の本)
『The Book of Tea(茶の本)』













 天心の指導を受けた大観や春草ら日本美術院の作家達は、大胆な没線(もっせん)描法を推し進めましたが、その作品は「朦朧体(もうろうたい)」「化物絵」などと激しい非難を浴び、次第に世間には受け入れられなくなりました。こうした中で、院の経営は行き詰まりをみせ、天心の目は次第に海外へと向けられていきます。
 明治34年(1901)、インドに渡った天心はヒンドゥー教の僧スワミ・ヴィヴェカーナンダ(1863-1902)を訪ね、東洋宗教会議について話し合いますが実現には至らず、彼の紹介で出会った詩人ラビンドラナート・タゴール(1861-1941)やその一族と親交を深めました。また、インド各地の仏教遺跡などを巡り、東洋文化の源流を自ら確かめた天心は、滞在中に『The Ideals of the East(東洋の理想)』を書き上げています。
 同37年(1904)、アメリカに渡った天心は、ボストン美術館の中国・日本美術部に迎えられ、東洋美術品の整理や目録作成を行い、また、ボストン社交界のクイーンと呼ばれた、大富豪イザベラ・ガードナー夫人と親交を深めることになります。一方天心に従って渡航した横山大観、菱田春草らは、ニューヨークをはじめ各地で展覧会を開き好評を博しました。また、天心は講演会や英文の著作『The Book of Tea(茶の本)』などを通して日本や東洋の文化を欧米に紹介しました。その後、天心は五浦とボストンを往復する生活を送ることになりました。
このページの先頭へ
新たなる飛躍の地「五浦」
仲秋観月の園遊会にて(五浦の天心邸で)前列右端が天心、その後ろ右端より大観、観山、春草、 一雄(天心の長男)、武山 (明治40年9月)
仲秋観月の園遊会にて(五浦の天心邸で)前列右端が天心、その後ろ右端より大観、観山、春草、 一雄(天心の長男)、武山 (明治40年9月)





 明治36年(1903)茨城県北茨城市出身の日本画家飛田周山の案内により五浦を訪れた天心は、太平洋に臨む人里離れた景勝地を気に入り、土地と家屋を買い求めました。同38年六角堂と邸宅を新築、拡張するなど、以後五浦を本拠地とします。
 一方、日本美術院は、天心や横山大観など主要作家の海外旅行による長期不在が重なるなどにより経営難に陥り、その活動も衰退したため、同39年(1906)、天心は日本美術院の再建を図りました。それまでの美術院を改組し、その第一部(絵画)を五浦に移転しました。天心はここを「東洋のバルビゾン」と称して新しい日本画の創造をめざし、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山を呼び寄せました。
 生活上の苦境に耐えながらも大観ら五浦の作家達は、それまで不評を買った「朦朧体」に改良を加え、同40年(1907)に発足した文部省主催の展覧会(文展)に、近代日本画史に残る名作を発表していきました。
このページの先頭へ
晩年
天心宛てプリヤンバダ書簡(1913年7月4日付)とプリヤンバダ・デーヴィー・バネルジー
天心宛てプリヤンバダ書簡(1913年7月4日付)とプリヤンバダ・デーヴィー・バネルジー


 晩年の天心は、ボストン美術館において中国、インド、日本での美術品収集を精力的に行うほか、日本や東洋の美術を欧米に紹介する著作や講演の仕事をこなしました。明治43年(1910)には同美術館の中国・日本美術部長に就任しています。大正元年(1912)夏、ボストンに向かった天心は途中インドで、詩人ラビンドラナート・タゴールの親戚にあたる女流詩人プリヤンバダ・デーヴィー・バネルジー(1871-1935)と出会います。以後二人の間にラブレターともいえる往復書簡が天心の亡くなるまでの1年間交わされました。同2年(1913)体調がすぐれずアメリカから帰国した天心は、一旦五浦に戻った後、静養のため新潟県赤倉に移りましたが、病状が悪化し、9月2日、50歳の生涯を閉じました。東京染井(そめい)墓地に葬られるとともに、五浦にも分骨されました。
このページの先頭へ

天心の略年譜

  満年齢
1863 文久2 0歳 横浜に生まれる(西暦1863年2月14日 旧暦文久2年12月26日)
1869 明治2 6歳 このころ英語を学ぶ
1874 明治7 11歳 東京開成学校(のち東京大学と改称)に入学する
1879 明治12 16歳 大岡もと(のち基子と称す)と結婚する
1880 明治13 17歳 東京大学を卒業し、文部省に勤務する
1886 明治19 23歳 欧米の美術視察にアーネスト・フェノロサらと共に出張する
1889 明治22 26歳 東京美術学校が開校し、翌年校長となる
1893 明治26 30歳 美術調査で初めて中国を旅行する
1898 明治31 35歳 東京美術学校校長の職を退き日本美術院を創立する
1901 明治34 38歳 インドに渡り、翌年にかけて仏跡を巡る
1902 明治35 39歳 インドの詩人タゴールと交流を深める
1903 明治36 40歳 『The Ideals of the East(東洋の理想)』ロンドンで出版する
    五浦に土地と家屋を求める
1904 明治37 41歳 アメリカのボストン美術館中国・日本美術部に入る
    『The Awakening of Japan(日本の覚醒)』をニューヨークで出版する
1905 明治38 42歳 五浦の別荘を新築し、六角堂を建てる
1906 明治39 43歳 日本美術院第一部(絵画)の五浦移転に伴い、大観、観山、春草、武山が同地に移り住む
    『The Book of Tea(茶の本)』をニューヨークで出版する
1907 明治40 44歳 仲秋観月の園遊会を五浦で開く
1910 明治43 47歳 ボストン美術館中国・日本美術部長になる
1912 明治45 49歳 ボストン美術館の用務でアメリカへ渡る途中、インドに立寄り、女流詩人プリヤンバダ・デーヴィー・バネルジーと出会う
1913 大正2 50歳 オペラ台本『The White Fox(白狐)』を執筆後、病気のため帰国する
    古社寺保存会に出席し、法隆寺金堂壁画の保存について建議案を作成する
    療養のため新潟県の赤倉に移るが病状が悪化し、没する
1914 大正3 日本美術院が再興される
このページの先頭へ