茨城県天心記念五浦美術館
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

岡倉天心記念室テーマ展示

ホーム > 展覧会> 岡倉天心記念室 >テーマ展示
QRコード携帯電話でも当館の情報をご覧になれます。
左のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。

アドビリーダー
*PDFファイルをご覧になるには、アドビリーダーが必要です。お持ちでない場合は、上のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。

テーマ展示「ボストン美術館の富田幸次郎」

テーマ展示「ボストン美術館の富田幸次郎」

富田幸次郎(1890ー1976)は、ボストン美術館の東洋美術部長として戦前から戦後にかけて活躍した人物です。明治23年(1890)、蒔絵師の大家、富田幸七の長男として京都市に生まれました。39(1906)年、京都市立美術工芸学校専攻科在籍中に農商務省海外実業練習生に選ばれ、室内装飾を学ぶため、ボストンに留学しました。そこで、ボストン美術館顧問を務めていた岡倉天心に会い、天心から美術館の手伝いを勧められました。当時17歳の富田は、そのときのことを 「幼いながら天心先生の人格を私はピンと感じて、その言葉に従った」 と語り、海外実業練習生の傍ら、ボストン美術館で働き始めました。富田は、美術館の仕事のみではなく、天心と生活を共にして身の回りの世話もすることで、東洋美術の神髄、天心の心を学んだといいます。そして、海外実業練習生を終えた後もボストンに残り、大正2年(1913)の天心逝去後、天心の衣鉢を継ぐことを使命に、55年間にもわたりボストン美術館で勤めました。
本展では富田幸次郎が、病気のため帰国していた天心(当時、ボストン美術館中国・日本美術部長)に宛てた書簡(大正2年)を公開いたします。書簡から、天心の最晩年、ボストン美術館でどのような仕事が行われていたかがうかがえます。

展示資料
富田幸次郎書簡・岡倉天心宛(大正2年6月13日)部分 当館蔵

このページの先頭へ