本文へジャンプ
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

企画展のご案内

ホーム> 展覧会 > 企画展のご案内
入館料割引券
ミュージアムショップ
カフェテリア「カメリア」
QRコード携帯電話でも当館の情報をご覧になれます。
左のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。

アドビリーダー
*PDFファイルをご覧になるには、アドビリーダーが必要です。お持ちでない場合は、上のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。

企画展

平成28年4月23日(土)~6月12日(日)
企画展「箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵 平松礼二展 — 響きあう光と色彩」

現代日本画壇を代表する画家である平松礼二(1941年〜)は、徹底したスケッチに基づきながら装飾性豊かな風景画、花鳥画を描き、伝統絵画である琳派を独自の感覚で蘇らせるなど、国内において注目されてきました。
1977年から始まった「路」シリーズでは、木曽路や雨の情景などに思いを託して自らの心の風景を描いてきました。また、1994年にフランスを訪れたことを契機に、モネへのオマージュとして睡蓮の池などを描いた「ジャポニスム」シリーズの制作が始まり、近年は、フランスのジヴェルニー印象派美術館やドイツのベルリン国立アジア美術館での個展が好評を博すなど、国際的にも高く評価されています。
本展は、平松作品の国内最大のコレクションを有する箱根・芦ノ湖 成川美術館の協力により、初期から近作までの大作を中心に約70点を展示し、その多彩な芸術を紹介します。

主な展示作品

 

平松礼二 「路 波の国から巡りくる」 平成4年(1992) 箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二「路 波の国から巡りくる」
平成4年(1992)
箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二 「色彩のカルテット」平成 25 年(2013) 箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二「色彩のカルテット」
平成25年(2013)
箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二「日本の新しい朝の光」平成 23 年(2011) 箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二「日本の新しい朝の光」
平成23年(2011)
箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵

平松礼二「路 桔梗ヶ原」 平成5年(1993) 箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
平松礼二「路 桔梗ヶ原」
平成5年(1993)
箱根・芦ノ湖 成川美術館蔵
日程等
会期平成28年4月23日(土)~6月12日(日)
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(ただし5月2日(月)は開館)
主催茨城県天心記念五浦美術館
協力箱根・芦ノ湖 成川美術館
後援茨城新聞社、毎日新聞水戸支局、読売新聞水戸支局、朝日新聞水戸総局、産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、NHK水戸放送局、北茨城市
入館料入館料 一般620(510)円/高大生410(310)円/小中生210(150)円
  • ※( )内は20名以上の団体料金
  • ※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
  • ※土曜日は高校生以下無料
会期中のイベント
特別ギャラリートーク
日時4月24日(日) 午前11時〜午前11時50分
集合場所企画展示室入口(要企画展入館券)
内容本展出品作家である平松礼二氏による作品解説
平松礼二サイン会
日時4月24日(日) 午前11時50分〜
※特別ギャラリートーク終了後(先着50名)
場所企画展示室出口(第2展望ギャラリー付近)
展覧会担当によるギャラリートーク
日時5月14日(土)、5月29日(日) 各日午後1時30分より(1時間程度)
場所企画展示室入口(要企画展入館券)
映画会
日時5月1日(日) 午後2時〜「シェーン」1953年、118分、カラー、アメリカ
5月2日(月) 午後2時〜「西部の男」1940年、100分、モノクロ、アメリカ
6月5日(日) 午後2時〜「美女と野獣」1946年、93分、モノクロ、フランス
場所講堂(入場無料/定員:114名)
お問合せ先:茨城県天心記念五浦美術館
〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
TEL:0293‐46‐5311 FAX:0293‐46‐5711
このページの先頭へ