本文へジャンプ
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

日本画ってなぁに? −みて・さわって・かいてみよう−

ホーム> 日本画ってなぁに? −みて・さわって・かいてみよう−

体験プログラム「日本画ってなぁに? −みて・さわって・かいてみよう−」


日本画ってなぁに? −みて・さわって・かいてみよう−

当館では、日本画をより身近に感じられるよう、体験プログラム「日本画ってなぁに?-みて・さわって・かいてみよう-」を開催します。このプログラムは、日本画に用いられる絵具や紙などの画材に触れたり、筆などの用具を実際に使ったりして、絵具の美しさや画材・用具の特徴を知ることができます。また、掛軸や絵巻の複製を使って扱い方を体験するコーナーや、墨を使った簡単な実技体験ができるコーナーもあり、様々な角度から日本画に親しむことができます。この機会に、五浦美術館で日本画の新たな魅力を発見してください。

体験内容の紹介

絵具をみてみよう 絵具をみてみよう

日本画に用いられる岩絵具を顕微鏡で覗いたり原石にさわったりすることができます。
※原石にさわる体験は土日祝13:00~15:00のみ

鑑賞コーナー(構図を考えよう) 鑑賞コーナー(構図を考えよう)

パズルのように絵のパーツを置いて構図を考えます。

 

鑑賞コーナー(季節を感じよう) 鑑賞コーナー(季節を感じよう)

複製画によるクイズ形式の鑑賞ができます。

五浦の作家になりきろう(撮影コーナー) 五浦の作家になりきろう(撮影コーナー)

畳の上に座って筆を持ち、大観や春草になりきって撮影することができます。

 

和紙や絵絹をさわってみよう

和紙や絵絹をさわってみよう

いろいろな和紙や絵絹にさわって厚みや質感を感じることができます。

実技コーナー

実技コーナー

簡単な日本画の体験ができます。
10月~11月「墨で描こう」
12月~1月「紺地に金泥で描こう」
2月~3月「墨で竹を描こう」
※内容は変更になる場合があります。

 

掛軸をかけてみよう

掛軸をかけてみよう

複製の掛軸を用いて、掛軸をかける体験です。

絵巻を鑑賞しよう

絵巻を鑑賞しよう

複製の絵巻を巻きながら鑑賞する体験です。

 

その他のイベント

オープンワークショップ「金地に墨で描こう」

オープンワークショップ「金地に墨で描こう」

日時:令和元年11月13日(水・県民の日)10:00〜12:00 13:30〜15:30
場所:講座室(参加無料)
対象:小学生以上
※事前申込は不要です。

アートツアー for Kids

美術館職員が行う小中学生向けのワークショップです。

和紙や絵絹をさわってみよう

「ガラスに描く夢の世界」

和紙や絵絹をさわってみよう

「和と光のアート!」

和紙や絵絹をさわってみよう

「墨と水のハーモニー♪」

内容と開催日

  • 「ガラスに描く夢の世界」 令和元年10月26日(土)
  • 「墨と水のハーモニー」 令和2年1月18日(土)
  • 「和と光のアート」 令和2年3月21日(土)

申し込み方法:メールによる申し込み
申込先:茨城県天心記念五浦美術館 企画普及課 アートツアー係 kouza@tenshin.museum.ibk.ed.jp
実施時刻:午後1時30分から3時まで(90分程度)
対象:小中学生(参加無料)

 

会期2019年11月1日(金)~2020年3月31日(火)
※会期は変更する場合があります。
開館時間午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
会場茨城県天心記念五浦美術館 展示室A
休館日月曜日(ただし、祝日は開館し翌日休館)、年末年始(12月29日~1月1日)
料金無料

 

お問合せ先:茨城県天心記念五浦美術館
〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
TEL:0293‐46‐5311 FAX:0293‐46‐5711
チラシ表

画像をクリックでチラシをダウンロード

 

このページの先頭へ