新着情報/カレンダー
当館紹介
アクセス
展覧会
美術普及活動
周辺ガイド
利用案内
アンケート
サイトマップ
リンク
HOME
E-MAIL

English

 (問い合わせ先)
 TEL 0293-46-5311

 
   

日本美術院創立当時の岡倉天心
生まれてから東京美術学校の開校五浦に来て世界をかける

岡倉天心(1863−1913)は、急激な西洋化の荒波が押し寄せた明治という時代の中で、日本の伝統美術の優れた価値を認め、美術行政家、美術運動家として近代日本美術の発展に大きな功績を残しました。その活動には、日本画改革運動や古美術品の保存、東京美術学校の創立、ボストン美術館中国・日本美術部長就任など、目を見張るものがあります。また、天心は自筆の英文著作『The Book of Tea(茶の本)』などを通して、東洋や日本の美術・文化を欧米に積極的に紹介するなど、国際的な視野に立って活動しました。
  また、天心は晩年、思索と静養の場として太平洋に臨む人里離れた茨城県五浦(現在の北茨城市五浦)に居を構える一方、横山大観ら五浦の作家達を指導し新しい日本画の創造をめざしました。以後、天心は亡くなるまでこの五浦を本拠地として生活することになります。
 それでは、次に天心の生涯とその業績等についてその概略をご紹介いたしましょう。
 


Copyright (C) 2001 TENSHIN MEMORIAL MUSEUM OF ART, IBARAKI All Rights Reserved