茨城県天心記念五浦美術館
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

企画展のご案内

ホーム> 展覧会 > 企画展のご案内
QRコード携帯電話でも当館の情報をご覧になれます。
左のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。

アドビリーダー
*PDFファイルをご覧になるには、アドビリーダーが必要です。お持ちでない場合は、上のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。

企画展

ただいま企画展は休止しています。
令和3年6月12日(土)~7月18日(日)
筑波大学 日本画40年の軌跡

昭和48年(1973)茨城県新治郡桜村(現つくば市)に開学した筑波大学に、芸術専門学群が設置されたのは、2年後の昭和50年のことでした。この開設から程なくして日本画に関するカリキュラム導入が検討され、創画会で活躍していた西村昭二郎(1927-99)が教授として招かれます。そして昭和62年、同学群絵画コースから日本画コースが独立し、以来、国立の総合大学では唯一の、また茨城県内で唯一の日本画の専門教育機関として、多数の画家や美術教師などを輩出してきました。
本展では日本画コースの歴代教員8名による作品を展示し、同大学の日本画教育の歩みを紹介します。8人の日本画家は教鞭を執りながら、それぞれ個性豊かな作品の創造者として活躍してきました。その作品はまた、昭和50年代より最先端の研究者が集う筑波研究学園都市の、地域性や時代の空気をも映しているかもしれません。急速に変化を遂げる筑波の地で育まれてきた、瑞々しい日本画表現をお楽しみください。

会期 令和3年6月12日(土)~7月18日(日)
休館日 月曜日
入場料 一般320円(260)円/満70歳以上160(130)円/高大生210(150)円/小中生150(100)円
※( )内は、20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方および付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
※土曜日は高校生以下無料
※6月12日(土)は満70歳以上無料
主催 茨城県天心記念五浦美術館
後援 筑波大学

>>プレスリリースはこちら(PDF形式)
>>チラシはこちら(PDF形式)
>>出品リストはこちら(PDF形式)

 

西村昭二郎「草わたる」1961年
西村昭二郎「草わたる」
昭和36年(1961) 茨城県近代美術館
西村昭二郎「まひる野」1961年
西村昭二郎「まひる野」
昭和36年(1961) 茨城県近代美術館

■西村昭二郎(にしむらしょうじろう 1927-1999)
京都市出身。1949年東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業。同年第2回創造美術展(同展は新制作協会日本画部に合流した後、74年創画会となる)で初入選、以後同展で受賞を重ね、新制作協会会員、創画会会員として活躍。1982-91年筑波大学教授。同大学初の日本画専門教官を務める。千葉県市川市で逝去。

 

村松秀太郎「蝦蟇、骸骨、おんな」1991年
村松秀太郎「蝦蟇、骸骨、おんな」
平成3年(1991)筑波大学アート・コレクション

■村松秀太郎(むらまつひでたろう 1935-2018)
清水市(現・静岡市)出身。1963年東京藝術大学専攻科卒業。在学中の1961年第25回新制作協会展(現・創画展)に初入選。1978-2008年創画会会員。1988年筑波大学助教授(91-98年教授)。1995年渡辺淳一『失楽園』(日本経済新聞連載)の挿絵を担当。2000-08年大阪芸術大学教授。千葉県市川市で逝去。

 

斉藤博康「緑霧」2020年
斉藤博康「緑霧」
令和2年(2020)作家蔵

■斉藤博康(さいとうひろやす 1941- )
埼玉県出身。1971年東京藝術大学大学院修了。在学中の1970年再興第55回院展に初入選、以後同展に出品。1982年新潟大学助教授(91-98年教授)。1998-2005年筑波大学教授。現在日本美術院特待。埼玉県在住。

 

平岩洋彦「黄昏碑」1987年
平岩洋彦「黄昏碑」
昭和62年(1987)筑波大学アート・コレクション

■平岩洋彦(ひらいわひろひこ 1944- )
長野県飯田市出身。1969年東京藝術大学大学院修了。同年第33回新制作展に初入選、以後同展に出品。1978年文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアに滞在。1984-87年筑波大学講師。2001年個展(成川美術館・箱根、07年、12年、21年にも同館で個展)。現在無所属。神奈川県在住。

 

藤田志朗「夜航海」2006年
藤田志朗「夜航海」
平成18年(2006)作家蔵

■藤田志朗(ふじたしろう 1951- )
京都市出身。1980年東京藝術大学大学院修了。1981年第8回創画展初入選、以後同展に出品、受賞を重ねる。1985年筑波大学講師(94年助教授、2002-17年教授)。1986年第11回現代美術選抜展(文化庁主催)出品。1992年第4回川端龍子賞展優秀賞。現在筑波大学名誉教授、創画会会員、常務理事。つくば市在住。

 

太田圭「風の墓標 Ⅰ」2012年
太田圭「風の墓標 Ⅰ」
平成24年(2012)作家蔵

■太田圭(おおたけい 1957- )
長野県上田市出身。1986年東京藝術大学大学院博士後期課程満期退学。在学中の1984年第11回創画展初入選、以後同展に出品。1987年筑波大学助手(1990年講師、2000年助教授、2007年准教授、2013年教授)。2019年より東京オリンピック•パラリンピックに向けた文化プログラム「リボーン•アートボール」を企画提案者として展開。現在創画会会友、筑波大学副学長、筑波大学蹴球部副部長、日本スポーツ芸術協会会員。つくば市在住。

 

程塚敏明「Fly Away」2014年
程塚敏明「Fly Away」
平成26年(2014)作家蔵

■程塚敏明(ほどづかとしあき 1965- )
千葉県出身。1990年筑波大学大学院芸術研究科美術専攻修了。在学中の1989年第16回創画展初入選(2010年奨励賞、2012年、14年、18年創画会賞)。1997年筑波大学講師(2004年助教授、2007年准教授)。2016年第6回東山魁夷記念日本画大賞展(上野の森美術館)出品。現在創画会会員。つくば市在住。

 

山本浩之「咲(わら)う」2017年
山本浩之「咲(わら)う」
平成29年(2017)作家蔵

■山本浩之(やまもとひろゆき 1970- )
山口県出身。2003年東京藝術大学大学院博士後期課程満期退学。在学中の2000年再興第85回院展初入選(2008年、09年、12年、15年奨励賞、2016年、17年日本美術院賞•大観賞)。2006年筑波大学大学院講師(2011年同大学芸術系講師、2013年准教授)。現在日本美術院同人。茨城県牛久市在住。

 

会期中のイベント
担当学芸員による作品解説
日時 6月26日(土) 13:30~(約30分)
定員 30名 ※参加無料、要事前申込(抽選制)
会場 講座室
申込期間 6月3日(木)10:00~6月17日(木)11:00
>>くわしくはこちら

 

映画会

「IMC」2016年(16分30秒)
「心象世界への彷徨 日本画家 藤田志朗の世界」2009年(15分)
「どこでもない場所 日本画家 程塚敏明」2019年(28分)

日時 7月4日(日) 10:30~
定員 57名 ※参加無料、要事前申込(先着順)
会場 講堂
申込期間 6月4日(金)10:00~6月27日(日)11:00
>>くわしくはこちら
このページの先頭へ