本文へジャンプ
文字サイズを小さくする
文字サイズを大きくする

企画展のご案内

ホーム> 展覧会 > 企画展のご案内
入館料割引券
ミュージアムショップ
カフェテリア「カメリア」
QRコード携帯電話でも当館の情報をご覧になれます。
左のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。

アドビリーダー
*PDFファイルをご覧になるには、アドビリーダーが必要です。お持ちでない場合は、上のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。

企画展

平成29年12月2日(土)~平成30年2月4日(日)
文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展
-美術部門-「洋画」「日本画」「版画」

アート、現在進行中

 わが国で活躍する将来有望な芸術家を海外に派遣し、それぞれの専門分野について研修する作家を支援・育成する「文化庁新進芸術家海外研修制度(旧・文化庁芸術家在外研修制度)」は、1967年に発足し、今年50周年の節目を迎えます。この間、同制度により海外の様々な国で研修を積んだ芸術家は、美術部門で約1,300名を数えます。海外での貴重な研修体験は、その後の活動の大きな飛躍にもつながっています。そして今日の美術の分野において、海外派遣芸術家は日本美術界を牽引する作家から、清新な作品を発表し続ける精鋭まで、そのめざましい活躍が注目されています。
 本展覧会では、同制度50周年を記念し、これまで研修に参加した研修員の中から、奥谷博、絹谷幸二、西田俊英、入江明日香をはじめ国内外で活躍している作家の新作75点を展示し、研修の成果を広く紹介します。それぞれの作家による多彩な表現、現在進行中のアートをお楽しみください。

【新進芸術家海外研修制度について】

文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する制度。1967年度から2016年度まで、約3,400名を派遣してきました(うち美術部門は約1,300名)。美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日〜40日)及び高校生(350日)の6種類があり、研修員は海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。制度の詳しい内容につきましては、以下のホームページをご覧ください。

世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成(文化庁ホームページ) ※外部リンク

 

主な展示作品
洋画
絹谷 幸二 「旭日富嶽来迎図」 2017年
絹谷幸二 「旭日富嶽来迎図」
2017年
奥谷 博 「Peace」 2017年 Photo(株)タケミアートフォトス
奥谷博 「Peace」
2017年
Photo (株)タケミアートフォトス
玉川 信一 「黒い光」 2017年 Photo齋藤さだむ
玉川信一 「黒い光」
2017年
Photo 齋藤さだむ

日本画
西田 俊英 「月と孔雀」 2017年 Photo(株)タケミアートフォトス
西田俊英 「月と孔雀」
2017年
Photo (株)タケミアートフォトス
伴戸 玲伊子 「早春譜」 2017年
伴戸玲伊子 「早春譜」
2017年
宮 いつき 「午後の時間」 2017年 Photo阿部勇司
宮いつき 「午後の時間」
2017年
Photo 阿部勇司

版画
入江 明日香 「La foret noire」 2017年
入江明日香
「La foret noire」
2017年
柳澤 紀子 「Sign・予兆 Ⅶ」 2016年
柳澤紀子 「Sign・予兆 Ⅶ」
2016年

日程等
会期平成29年12月2日(土)〜平成30年2月4日(日)
開館時間午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日月曜日、ただし1月8日(月・祝)は開館。1月9日は休館。
年末年始 12月29日(金)〜1月1日(月・祝)
主催茨城県天心記念五浦美術館 / (一社)文化庁芸術家在外研修員の会美術部門
後援文化庁 / 日本芸術院 / 日本美術家連盟
茨城新聞社 / 毎日新聞水戸支局 / 読売新聞水戸支局 / 朝日新聞水戸総局
産経新聞社水戸支局 / 東京新聞水戸支局 / NHK 水戸放送局
株式会社茨城放送 / 北茨城市
協力(一社)文化庁芸術家在外研修員の会 / 損保ジャパン日本興亜
企画協力アート・ベンチャー・オフィス ショウ
入場料一般 620(510)円 / 高大生 410(310)円 / 小中生 210(150)円
  • ( )内は20名以上の団体料金
  • 満70歳以上の方及び身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をご持参の方は無料
  • 土曜日は高校生以下無料
会期中のイベント
出品作家によるギャラリートーク及びサイン会 各回13:30~(1時間程度)
12月2日(土)奥谷 博、上條 陽子、市野 英樹、久野 和洋、福島 瑞穂、石井 武夫、小川 巧、金子 亨、奥谷 太一、星野 美智子、柳澤 紀子、渋谷 和良
1月14日(日)小川 巧、八木 幾朗、西田 俊英、宮 いつき
1月21日(日)奥谷 博、北 久美子、相田 幸男、瀬川 富紀男、玉川 信一、石井 武夫
1月28日(日)馬越 陽子、齋藤 研、山田 修市、金井 訓志
集合場所ギャラリートーク: 企画展示室入口(要企画展入場券) サイン会: 企画展示室出口
※文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展図録にサインします。

※参加する作家は変更になる場合がございます。

展覧会担当によるギャラリートーク
日時12月9日(土)13:30~(1時間程度)
集合場所企画展示室入口 ※企画展入場券をご用意ください。
来て・見て・発見!アートツアーfor Kids
日時1月20日(土)10:30~(40分程度)
対象小中学生および随伴を希望する保護者
参加費小中学生無料(保護者は要企画展入場券)
会場企画展示室
集合場所エントランスロビー
映画会 14:00~/講堂(入場無料)/定員114名
12月17日(日)「素晴らしき哉、人生!」 1946年/130分/モノクロ/アメリカ
1月7日(日)「名探偵ホームズ-黒馬車の影-」 1979年/119分/カラー/イギリス・カナダ
2月4日(日)「イタリア旅行」 1953年/85分/モノクロ/イタリア
場所講堂(入場無料)定員114名
茨城県警察音楽隊ふれあいコンサート
日時12月10日(日)第1部11:00~ 第2部14:00~
場所エントランスロビー(入場無料)
特別出演北茨城市立磯原中学校吹奏楽部(第1部のみ)
新春寄席 初笑い!五浦寄席
日時1月3日(水)第1部11:20~ 第2部14:00~(各回40分程度)
出演二松亭ちゃん平(社会人落語家)
会場講堂(入場無料)
新春 邦楽コンサート
日時1月8日(月・祝)第1部11:00~ 第2部14:00~(各回40分程度)
出演中島 裕康(箏)
会場エントランスロビー(入場無料)
迎春「生け花」 (美術館入口)
展示期間1月2日(火)~1月8日(月・祝)

 

関連ドキュメント
プレスリリース:文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展 -美術部門-「洋画」「日本画」「版画」(PDF:960KB)
チラシ:文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展 -美術部門-「洋画」「日本画」「版画」(PDF:2.8MB)

 

お問合せ先:茨城県天心記念五浦美術館
〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
TEL:0293‐46‐5311 FAX:0293‐46‐5711
このページの先頭へ